Naaki’s BOOTH へ ようこそ!!!!

今回は、ごく普通の収入の方が、

【ブラックカード 】を 取得するためにはどうすればいいのか。

その方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

~私はこれでブラックカードを手に入れました~ Part1

まずはじめに…

皆さんは買い物をするとき、現金を使って支払うことが多いでしょうか?

それとも、クレジットカードを使い支払うことが多いでしょうか?

現金もクレジットカードも、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

《「クレジットカード」のメリット》

  • 小銭を持ち歩かずにすむ。
  • 持ち合わせを切らせたときも安心。
  • ポイントがたまる。
  • カードに特典がついている。

 

《「現金」のメリット》

  • どこのお店でも使うことができる。
  • 財布に入っている金額以上に、使いすぎてしまう心配がない。

 

双方とも、このようなメリットがあります。

そして…

クレジットカードの中でも特に、上位のクレジットカードを持つメリットとして、

かなり優遇された特典と圧倒的なステータスが挙げられます。

 

クレジットカードのランクアップにかかわるのは、最低限以下の2点です。

  1. 安定した収入がある。 (無職・アルバイトではない)
  2. 優良なクレジットカードヒストリー(優秀な使用歴)がある。

 

1つ目は、わかりやすいのですが、

2つ目の「クレジットヒストリー」とは一体何なのでしょうか・・・??

 

「クレジットヒストリー」とは・・・??

クレジットカードの使用状況・支払い状況のことで、

これが優良だとクレジットカード会社的には、

「 このお客さんはいいお客さんだ。」

ということになります。

 

優良とは、まず大前提として

  • 延滞がないこと。
  • 毎月使用してくれていること。
  • 大きな金額を払ってくれていること。

この3つが重要です。

 

そこで、今回は…

最上級クラスのJCBカード

「 JCB THE CLASS 」を手に入れる方法です。

「 JCB THE CLASS 」はJCBが発行するクレジットカードの中でも、

最もステータスがあるカードです。

世の中ではブラックカード」と呼ばれている最上級カードです。

 

 

では、この最上級のカードを

セレブではない方が手に入れるには

どうすればよいのでしょうか??????

 

順を追ってお伝えします!!!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

1)立替を積極的に買って出て、クレジットカードで払う

「え?そんなこと?」

と思うかもしれませんが、意外とこれが大きな効果があります。

 

飲み会や出張、業種によっては、

会社の備品などを代理購入する機会がある業種もあります。

 

例1)

「飲み会で、30人、予算5000円の忘年会を幹事・立替をする」とします。

30 × 5000 = 15万円

15万円分の立替をすることになります。

忘年会、花見、暑気払いなど、年3回幹事をすれば、45万円です。

 

例2)

「出張が決まり、ホテルでの宿泊が決まった。」とします。

 

出張にいく場合、会社の事務に予約をしてもらうのでなく

自分でホテルと飛行機代をクレジットカードで払って、

後から領収証で生産をしてもらうようにします。

 

東京〜福岡間で、1泊出張をすると…

JAL片道で約38000円、往復で2回、

宿泊費10000円として、合計86000円です

 

これが一月に一度あれば、年間12回で、103万円ちょっとになります。

 

例3)

「会社の備品を代理で購入する」

この場合を、年間10万程度の立替をすると…

 

上記の3つを合わせれば…

会社関係だけで、158万円にもなります。

 

そして、プライベートでの飲み会も、年5回程度、

6人で予算5000円だとすると…5回 × 6 × 5000 = 15万円

 

これらを、全てあわせると…

何と、173万円にまで積み上がります。

 

自分のお財布からは、ほぼ何も出さず( ※飲み会の自分の分はありますが )

クレジットカードの使用額が173万円つけられるというのは、

「クレジットヒストリー」上、

かなり大きなメリットになります。

 

 

2)日々の買い物も全てクレジットカードで

Alanyadk / Pixabay

冒頭にも挙げましたが、

クレジットカードで買い物をしていると小銭が必要なくなります。

これは、とても素晴らしいことで、荷物が軽くなりますし、

財布が膨らまなくなるので長持ちするようになります。笑

そんな中、私がクレジットカードで支払った例をご紹介しますね。

 

【食費】

私は食費が少し多く、計算してみると

家族での外食も含めると月に8万円程度かかっていました。

8万円 × 12ヶ月で、96万円

まずこれを全てカードで支払うことにしました。

 

【光熱費】

スマホの代金も含めて月3万円程度。

これもクレジットカードで払うことにしました。

3万 × 12ヶ月で 、36万円。

 

【被服費】

2万円程度。

2万 × 12ヶ月で 24万円。

 

【その他】

カラオケなどで月1万円程度、12ヶ月で12万円。

 

ここまでをすべて足すと、168万円になります。

ここまででも結構な金額になったのですが、あることに私は気がつきました。

 

それは…

「一番大きな出費はクレジットカードで払えるのか!?」

そう、家賃です。

 

うちは月12万円くらいのところに住んでいたのですが、

「これがカードで払えるなら、かなり大きい。」

そこで、クレジットカードで支払えないのか調べてみました。

その結果、当時住んでいた家はクレジットカードでは払えなかったのです。

 

そこで…

更新の時期も来ていたので

「クレジットカード」で支払いができる家を探したところ、

10万円で大体似たような条件の部屋が見つかったため、

そちらに引っ越してしまいました。

 

これが、12か月分で120万円。

 

つまり、日常生活で使うお金もクレジットカードで支払うと

合計288万円になります。

 

では、

あくまで私の場合ではございますが、

上記で支払った金額を計算してみましょう。

【年間】

  • 会社飲会費   :  45万円
  • 出張宿泊費   : 103万円
  • 会社備品立替費 :  10万円
  • プライベート飲会  :  15万円
  • 食費      :  96万円
  • 光熱費     :  36万円
  • 被服費     :  24万円
  • カラオケ等   :  12万円
  • 家賃      : 120万円

合計 : 約461万円

 

実に、461万円という大きな金額を

クレジットカードで支払っています。

 

JCBでは、「 JCB STAR MEMBERS 」という制度があり、

これが年間支払額に応じて次年度のポイント還元率が変動します。

300万円以上になると、

「 ロイヤルアルファPLUS 」という最上位のランクになり、

JCBとしては、これに到達したかどうかが、

かなり重要視しているということになります。

 

利用内容も一年間だけでなく毎年使ってくれそうな内容なので、

継続して年間461万円クレジットカードで支払いをしてくれる

ユーザーと判断されれば、かなりのお得意様ということになるのです。

これで、かなり優秀な

「クレジットヒストリー」を積み上げられることが可能です。

 

まとめますと・・・

無駄遣いしてクレジットカードを使う話ではなく、

どうせ支払わなければならないのならば、

「クレジットカード」支払ってしまおう。って話です。

 

 

いかがだったでしょうか?

最上級クラスのブラックカードを手に入れるための準備をご紹介させて頂きました。

次回は、さらにダメ押しの一歩。

最終的にどんなことをすれば

「JCB THE CLASS」を狙えるのか、

その方法について、具体的にお伝えします。

 

ご覧頂き、ありがとうございました。