Naaki’s BOOTHへようこそ!!!!

一度知ってしまえば、必ず役に立つ

『結婚式に招待されたときのマナー』3つご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

結婚式に招かれたら。。。

jdwoolington / Pixabay

社会人になると、日頃お世話になっている同僚や友人、

親族などから結婚式に呼ばれる機会が増えてきます。

結婚式は、新郎新婦にとって大切な思い出になる人生最良の日。

時間とお金がかかっているだけでなく、

両親や媒酌人、職場の上司など、新郎新婦の大切な人を招くため、

参列するあなたも誰から見ても失礼のないマナーを

身につけることが必須です。

 

では、

結婚式に招かれた時の3つの礼儀・常識をお伝えします!

 

 

 

1)招待状の返信

招待状は、新郎新婦から受け取ったら、できるだけ早く返信します。

基準としては、一週間以内が理想的です。

たとえ出席することができなかったとしても、

返信を怠るのはマナー違反です。

当日のキャンセルは空席ができてしまい、大変失礼にあたります。

 

招待状は、新郎新婦から出席者宛てに届くため、

出欠席には、「御出席」「御欠席」。

氏名・住所欄には、「御芳名」「御住所」など尊敬の表現が込められています。

ところが、返信をする場合、出席者から新郎新婦へのメッセージになるため、

「御出席」の「御」や

「御芳名」の「御芳」などは2本線で消す必要があります。

 

・出席の場合

「御出席」「御芳名」「御住所」から

「御」「御芳」を2本線で消し、出席を丸で囲みます。

名前と住所を書き、

「ご結婚おめでとうございます 喜んで出席させていただきます」

など、お祝いのメッセージを書きましょう。

このとき、「、」「。」を書いてはいけないことも覚えておきましょう。

句読点は、「終止符を打つ」ことを連想させるためです。

 

・欠席の場合

出席同様に「御」「御芳」を2本線で消し、欠席を丸で囲みます。

名前と住所を書き、

「ご結婚おめでとうございます 残念ながら都合がつかず伺うことができません」

など、お祝いの言葉と欠席理由を添えます。

 

 

 

2)ご祝儀

結婚式にはご祝儀を持参で出席します。

ご祝儀は、ご祝儀袋に入れて持参し、ご祝儀袋にも複数の種類があります。

 

・ご祝儀袋選び方

水引と呼ばれる紙製の紐です。

最近では、ご祝儀袋に印刷されているものもあります。

この水引ですが、結婚式のご祝儀袋には主に2種類のものが使われます。

「結び切り」と「あわび結び」の2種類

これらの水引は、ほどけにくい結び方が特徴です。

結婚式の性質上、「二度はないように」という思いが込められています。

また、ご祝儀袋は上包みと中包みという2種類の包みでできています。

上包みは、お祝い金を入れる中包みを包む袋です。

上包みは「天を向くように」という意味を込め、下側が上にくるように折ります。

中の中包みは、表に金額、裏に名前と住所を書きます。

中に入れるお祝い金は、封筒の表に肖像画の顔がくるように入れます。

お祝い金の相場も決まっています。

 

  • 上司 → 3万円
  • 部下や友人 → 2〜3万円
  • 兄弟や姉妹 → 5万円
  • 親戚 → 3万円

 

など、関係性によって変わりますので、確認しておきましょう。

入れるお札は新札を用意しましょう。

 

 

 

 

3)ドレスコード

Pexels / Pixabay

結婚式は、親族も出席するとても格式高い儀式です。

男性は「礼服」女性は「華やかなドレス」を着ましょう。

 

・男性の場合

スーツ着用( ブラックスーツ or ダークスーツ )が基本です。

白やピンクなど、明るい色のスーツは新郎と被ってしまう恐れがあります。

スーツはシングル、ダブルはどちらでも問題ありません。

シャツとネクタイの色も気を付けましょう。

シャツは白色が基本ですが、

会場がカフェやレストランを貸し切るなど、カジュアルな場合は、

淡い色合いのものであれば白でなくても問題ありません。

ネクタイは白やシルバー、グレーのものを選びます。

靴は、シンプルなデザインのものが望ましいでしょう。

 

 

・女性のドレス

ドレスの色は白、以外を選ぶのが基本。

そして、肌の露出も控え目を選ぶようにしましょう。

羽織るものなどがあれば良いかもしれません。

鞄は、小ぶりで上品なパーティー用のものを使いましょう。

どうしても予定があり、荷物が多くなってしまいそうなときは、

結婚式場にクロークが備えられているか確認すると良いでしょう。

靴は、パンプスが一般的です。

ただし、オープントゥは厳禁。ワニやヘビ柄もNGです。

こうした動物由来の製品は、「殺生」をイマージさせるため、

避ける必要があります。

同様にファー素材も控えましょう。

 

・女性は髪型のスタイルもチェック

結婚式の参加者の一般的な髪型は、

「アップスタイル」か「ダウンスタイル」。

アップスタイルは、髪をアップにするため、上品な印象を与えます。

清楚感が増し、迷ったらアップスタイルがおすすめです。

ダウンスタイルは二次会からの参加など、カジュアルな場に合います。

このように結婚式の出席には、数々のマナーがあります。

マナーや礼儀は、とても面倒なことかもしれませんが、

大切な方の人生最高の1日を全力で感じてもらうためには

とても重要なことです。

新郎新婦に対する気持ちを持つことが最上級のマナーです。

マナーを守り、心からお祝いしてあげましょう !!!!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。