今晩は!!!!Naaki’sBOOTHへようこそ!!!!

今回は。。。

  • 経済的ストレスを減らしたい。
  • お金が貯まらなくて困っている。
  • 経済的環境がなかなか変化しない。

と思っている全ての方に、お金の流れが良くなる

6つのテクニックをご紹介します。

スポンサードリンク

 

「金持ち」の共通点と「貧乏」の共通点

テクニックの前にまずは、お金を持っている方と、そうでない方の

それぞれの共通点を知りましょう。

そもそも、

お金を持っている人(リッチな方)と、

お金を持っていない人(ビンボーな方)との違いは、

いったい何なのでしょうか????

 

それは・・・

ビンボーな方の共通点は、常に消費していることです。

リッチな方の共通点とは、常に投資をしています。

 

・消費活動とは何か?

それは、お金を産み出さない行為、行動のことです。

・投資活動とは何か?

それは、お金を産み出す行為、行動のことです。

 

もっと分かりやす言えば…

リターン、ベネフィット(利益、恩恵)が

あるのか。ないのか。

 

 

例として、「車を購入」したとします。

 

MichaelGaida / Pixabay

大抵の方は自分が乗るために購入しますよね?

これは、お金を産み出す行為ではないので消費行動になります。

では逆に、

自分以外の人にレンタルを目的として購入した場合はどうでしょうか?

これは、お金を産み出す行為なので、投資となり話が変わってきます。

 

ここで、重要な話があります。

リッチな方とビンボーな方を

分ける一番大きな要因となるの何か?

それは…

ビンボーな方というのは、ただ消費をすることだけではなく、

自分が何に消費をしているのか理解していないことです。

もっと分かりやすく言えば…

「お金を何に使っているのかわかっていない。」ことです。

 

・この一週間のお金の内訳を理解していますでしょうか?

・昨日の晩御飯は、いったいいくらだったでしょうか?

 

ほとんどの方は、自分がいったい何にお金を使ったのか、覚えていません。

何に消費したのか、何に投資したのか、わかっていない。

まず「消費をしている物の中身をきちんと知る」ことが大切です。

 

その反面…

お金持ちの方、リッチな方は、お金のことを知っています。

お金を何に使ったのか、お金を何に使えば良いのか、完全に理解しています。

お金持ちの方とは、お金の管理、使い方を知っている方達です。

 

では…お金を何に使えば良いのか?

それは、投資です。

 

成功している全ての人が通る道、それが投資です。

成功する為には、この投資が原理原則になります。

そして、もう一つ…

重要なキーワードがあります。

それは、「お金を分ける。」ということです。

これは、お金を管理するためにとても重要なポイントです。

 

<おさらい>

金持ち → お金を分けている。投資している。

貧乏  → お金を分けていない。消費している。

 

 

お金をどのように分ければ良いのか?

そこでいよいよ、今日お伝えする、この《6つ口座》です。

 

 

1、必要経費口座

 

生きる為に必要最低限の口座。(家賃、光熱費、食費など…etc)

この口座に入れる割合は、給料の約55%で収めるのが理想です。

月収20万円の方だと、11万円で収める計算になります。

 

 

2、教育用口座

 

学び用、勉強する為の口座。

成功したいのであれば、価値観を変えなければいけません。

その為には沢山、情報をいれ、知識を増やす必要があります。

知識はなくなることがなく、一生涯あなたを支える力になるからです。

この口座に入れる割合は、給与の10%以上になります。

 

 

3、遊び用口座

 

教養を増やし、バランスを保つ為の口座。

生きて行く中でのストレスの軽減や、モチベーションを維持させるための口座です。

もう一つの理由は、人と会うことで鮮度の高い生の情報を仕入れるためでもあります。

この口座に入れる割合は、10%以上です。

 

 

4、経済自由口座

 

ビジネス用の口座。

この口座は、この6つの口座の中で一番大切な口座になります。

この口座にはルール、大原則があります。それは…

どんなに苦しくても、どんなに大変でも、この口座にはお金を入れ続けることです。

なぜかと言うと…

この口座が無い限り、今の現状や環境が変化しないからです。

この口座の割合は、10%以上です。

 

 

5、長期的支出口座

 

貯金する為の口座。

大きな買い物をする時や、急にお金が必要になった時などに使うお金です。

ハプニングに対応するための口座になります。

この口座の割合は、10%以上です。

 

 

6、ボランティア寄付口座

 

信頼を築く為の口座。

こお世話になっている人や、これからお世話になる人など、身近な人との信頼関係を深めるための口座です。

信頼関係を築くことによって、困ったときや、問題を解決したいときなど、力になってもらえるからです。

いざとなった時に、生きて来るお金になります。

この口座の割合は、5%以上です。

 

まとめ

1、必要経費口座 55%

2、教育用口座  10%

3、遊び用口座  10%

4、経済自由口座 10%

5、長期的支出口座 10%

6、ボランティア寄付口座 5%

 

以上が今回お伝えする、6つの口座になります。

この6つの口座にお金を分けることによって、

みるみるお金の流れが変化していきます。

「変化してるな」と実感するレベルで、どんどん変わっていきます。

是非、この6つの口座をオススメします。

お金のことを知り、お金を上手に使うことによって、

自分自身や、周りの身近な人達も一緒にどんどん豊になって行きましょう。

 

 

最後まで、ご覧頂き有り難うございました。