こんにちは!Naaki(なあき)です。

 

セレブ達からも高い評価を得ていて、スーパーフルーツとも言われている

「AMLA」(アムラ)

ってゆうインド発のフルーツが超いい感じなんです!!!!

 

 

スポンサードリンク

 

 

「AMLA」(アムラ)って何??

 

 

「AMLA」(アムラ)とは、和名は「ユカン」

トウダイグサ科の木で、アーマラキーとも呼ばれています。

(学名:Phyllanthus emblica )

10m前後の高さに成長します。

アジア(インド、中国南部)に生息していて、

1500m以上高い山に生えているとの事です。。。

 

「アムラ」は非常に栄養価が高く、

「アーユルヴェーダ」の3大果実の1つという事でも有名です。

※3大果実⇒「アムラ」,「ビビター」,「ハリタキー」

 

アーユルヴェーダって??

インドの伝承医学のことです。

アーユルヴェーダ(Ayurveda)とは、AYUS(生命・命の意)と、VEDA(教養・英知の意)の二つの言葉がひとつになったサンスクリット語(インドの言語のひとつ)で、「生命の科学」、あるいは「寿命の科学」などと日本語に訳されています。

世界には古代から伝わる医学として、「ギリシャ医学」「中国医学」「アーユルヴェーダ医学」の3つがあり、これらは「三大伝統医学」と呼ばれています。

5000年前のインドが発祥と言われています。

世界保健機構WHOが正式に推奨する東洋医学のひとつで、中国の漢方もそのうちのひとつです。
医学というと病気になった場合の処方と思われがちですが、
アーユルヴェーダは「病気にならないための予防」を考えたもので
心と身体が健康でバランスのとれた幸せな生活をおくることを説いた学問です。

引用:日本アムラ協会 amla-jp.org

 

 

 

具体的な栄養と効果

 

 

では具体的に、

どんな栄養があって、どんな効果があるのでしょう??

 

アムラに含まれる代表的な栄養として、

「ビタミンC」,「ポリフェノール」,「ペクチン」

の3つがあげられます。

 

 

★ビタミンC Vitamin C

アムラは100gあたり800mg以上もの「ビタミンC」が

含まれています。

なんとこの「ビタミンC」の多さは

・レモンの10倍

・オレンジの20倍

にあたるとの事です!!!!!!!

熱に弱いと言われているビタミンCですが

「アムラ」に含まれるビタミンCは熱にも強いんです。

 

効果:免疫力強化

ビタミンCは白血球の働きを助けます。

白血球が強くなれば、免疫力が高まります。

 

効果:アンチエイジング(老化防止)

人間の体では作れない為、摂取する他ないビタミンCは

老化の原因の「活性酸素」に対抗する抗酸化作用があります。

コラーゲンの生成を助け、美肌効果も!!!!

 

 

 

★ポリフェノール polyphenol

アムラは100gあたり3000mg以上もの「ポリフェノール」が

含まれています。

なんとこの「ポリフェノール」の多さは

・ワインの30倍

にあたります!!!!

苦味があるイメージのポリフェノールですが

「アムラ」に含まれるポリフェノールは

苦味が少なく甘みさえ感じます。

 

効果:心臓疾患予防

ポリフェノールは細胞の生成、活性などを助けます。

ポリフェノールを多く含む赤ワインなどを摂取する事により

心臓疾患の死亡率が確実に低い研究結果もあります。

 

効果:白髪、抜け毛防止(美髪効果も!!)

頭皮の血液のめぐりを良くさせ、

毛根に溜まる油脂による活性酸素を分解。

さらに美髪効果も!!

 

 

★ペクチン pectin (食物繊維)

 

効果:整腸作用

「ペクチン」は腸を整える働きがあり

下痢や便秘を解消してくれます。

 

効果:成人病予防

体内脂肪を外に排出する働きもあり、

悪玉コレステロールを下げ、

動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病予防にも!!!!

 

 

 

 

どうやって活用するの??

 

 

栄養価が高く、良い所だらけの「アムラ」ですが、

実際はどうやって活用するのでしょう??

 

「アムラ」を活用している海外では、

パウダー状やジャムに加工して使われている事が多いようです。

 

「アムラ」は食用だけではなく、様々な活用方法があるようです。

(※味は「梅」のような酸味あるイメージを持って頂けたら

良いかと思います。)

 

【食用使用例】

  • 酢漬け(ピクルス)
  • ジャム
  • スムージー
  • ドライフルーツ

※サプリメントなどにもなっています。

 

 

【美容使用例】

  • シャンプーに配合
  • リンス、トリートメントに配合
  • ヘアオイル
  • カラーリング剤に配合

※保湿効果もある為、髪の毛にも効果があります。

 

 

 

どうでしたか??

少しでも、みなさんの知識になって頂ければ幸いです!!!!

上手に活用していってくださいね。

 

ではまた!

ありがとうございました。