こんにちは!Naaki(なあき)です。

 

 

今から、何かに「努力しよう!」と

思っている方はよく読んでください。

はじめに知っおくべき事があります。

 

知っておくべき事とは??

「努力」の本質

です。

 

スポンサードリンク

 

努力への印象

 

みなさん「努力」ってどんなイメージですか?

  • 努力はしんどい。
  • 努力はなんて面倒だ。
  • 努力は大切だと思うが努力したくてもできない。
  • 面倒な事を自分を抑えてやる事。

て思いの方もおられると思います。

上記にあげた意味の「努力」なら、僕も全くできません。

 

 

では、、、

なんで「努力できる人、できない人」がいるのか…?

 

努力の本質(カラクリ)

 

例えば、、、、

みなさんの職場や学校、スポーツクラブの環境の中で、

「頑張っている人」「努力している人」いますよね。

おそらく、みなさんは

「偉いなあ」

「なんでそんなに嫌な事ができるんだろう??」

て思いませんか??

 

その答えはこうです。

 

その方達は自分では「努力」をしている実感が

周りの人に比べて、あまりないんです。

 

もう少しわかりやすく言うと、

何かに、ついつい夢中になってしまい

気づけばとても時間が経っていた。みたいな経験はありませんか?

逆に言えば、

くだらないと思っている事はとても時間が経つのが遅い

 

僕の例で言うと、、、

 

僕はTVゲームが大好きで、

夢中になれば徹夜なんてよくある話です。笑

ですが、、、

TVゲームが興味がない、もしくは嫌いな人にとっては、

「よくやるなあ。」

「俺だったら1時間も持たないよ。」

てなる訳です。

 

すでに、ピンときた方もおられると思いますが。

「頑張れる人」「努力する人」は、ただただ、その事が、

周りの人よりも好きなだけなんです。

 

ある物事をする際、その物事に嫌いな人は1時間に感じても、

好きな人からすれば少なくとも1時間よりも少なく感じている

とゆう事なんです。

結果、

好きな人が1時間でできる事が、

嫌いな人は2時間も3時間もかかってしまうのは

上記で説明した「努力できる人」「できない人」のカラクリです。

おのずとそれが好きな人は、嫌いな人よりも長時間集中できますよね。

 

 

努力のまとめ

geralt / Pixabay

努力できる人は好きな物に出会えたラッキーな人というだけで、

努力できない人と人間が違うなんて、絶対ありえません!

 

今から何かに「努力しよう」と思っておられる方は、

もう1度、

それは自分が好きな事なのか?

と考えてみてほしいのです。

この世に生まれた人間全員共通している「時間」

共通しているようで、行動の仕方1つで、早くも遅くもなりますよね。

同じ1時間でも価値ある1時間にしたいものです。

「時間」を有効に使ったものが「成功者」僕は考えます。

 

 

 

ではまた!

ありがとうございました。