p_double / Pixabay

こんにちは!Naaki(なあき)です。

今回は、ゲーマー達が選ぶ

「神に愛されし、超神ゲー 5選」をお伝えします!

 

スポンサードリンク

 

 

 

1)ファイナルファンタジー6

 

「FFシリーズで一番好きなのは?」

と聞かれ返ってくる答えは人それぞれです。

PS以降のゲーマーからはFF7という声が圧倒的に大きいでしょう。

ファミコン世代からはFF3が傑作だという人も多いよう。

しかし、

FFシリーズで熱狂的なファンが選ぶのはズバリ「FF6」です。

まずは世界観設定とキャラクターがズバ抜けている。

精巧なアンティークの世界観に、神秘的な召喚獣の存在。

世界を支配しようとするガストラ帝国。

そして、召喚獣と人間のハーフであるティナを含めた主人公達が

力を合わせて帝国に立ち向かうストーリー構成です。

ここまでだったら、FF6は凡百のゲームでした。

そこで仲間たちの力及ばず、世界が崩壊してしまいます。

仲間は散り散りになり、

プレイヤーに残ったのはセリスという途中加入した女性キャラだけに…。

セリスはかつて世話になったシドと共に暮らしていましたが、

シドはベッドから身動きも出来ないほど弱っていました。

そして、セリス(=プレイヤー)は、

シドのために何日も何日も魚を拾うのです。

(しかも、弱っている魚を与え続けるとシドが死んでしまいます)

かつては、世界を脅かす強敵と派手な戦闘を

繰り広げていたはずの戦士(プレイヤー)たちが、

数分後にはこの有様…。

なんともいえない気持ちになりながら、

プレイヤーはセリスと一緒にイカダで島を出て、仲間を求めて世界を巡ります。

崩壊した街、毒の沼、空を飛び交う不気味な魔獣。

そこには、旅慣れたはずのフィールドはもうありませんでした。

しかし、徐々にプレイヤーはセリスと共に希望を取り戻していきます。

そして、立ち直った仲間と共に、再び全ての元凶・魔導士ケフカと戦います。

崩壊から救われる物語。

これをクリアしたとき、

世界を救ったヒーローになる気分になること間違いなしの作品です。

 

 

 

 

2)ドラゴンクエスト3

 

DQ5も名作として有名ですが、転職のあるDQ3を選出。

DQシリーズで、何が魅力的かと聞かれれば

悩む方も多いのではないでしょうか?

キャラクターもいい、音楽もいい、ダンジョンも思い入れがある、

何気ない街の人との会話も面白い。

ここで1番声が多かったのは、やはり敵とのバトルでした。

特に、未知のダンジョンに足を踏み入れ、MPをうまく使いこなし、

試行錯誤しながらボスまでどうやって辿り着くことができるのか。

そして、その戦闘の幅を広げるために、転職という機能を使いこなし、

キャラクターを育成し、どうやってクリアするのかなど。

ダンジョンの面白さ、バトル、設定など

DQが一番安定感があるとの声も多く聞かれました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ファミコンソフト ドラゴンクエストIII (箱説あり)
価格:1440円(税込、送料別) (2017/9/20時点)

 

 

 

 

3)シャドウハーツ2

 

メジャー作品の次は、少しマイナーだけれど知る人ぞ知る傑作ゲーム。

アルゼから発売されたRPGシリーズ「シャドウハーツ」です。

「1」「2」「フロムザニューワールド」とシリーズがありますが、

「シャドウハーツ2」が最高傑作との声が多く聞かれました。

やりこみ要素、個性豊かすぎるキャラクター、ストーリーのギャグと

感動のバランスが絶妙。

感情を揺れ動かされるストーリーが人気のようです。

特にイベントムービー「奇跡」は、

「シャドウハーツ1」からプレイしていた人は号泣必至です。

笑って、泣き、楽しく遊び終わったあと、

その思い出が残ること間違いなしの作品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 シャドウハーツ 2 SHADOW HEARTS 2 /PS2 【中古】afb
価格:498円(税込、送料別) (2017/9/20時点)

 

 

 

 

4)アークザラッド2

PS最初のRPGとしてSCEからリリースされた「アークザラッド」。

その連作が「アークザラッド2」です。

もともと「アークザラッド」シリーズは

光と音のRPGというキャッチコピーが振られていました。

それほど、このシリーズはムービーとサウンドにこだわっている作品です。

戦闘曲、街のBGM、キャッチコピーにふさわしくとても人気です。

さらに、グラフィックも素晴らしく、

とてもPS発売当初に出たゲームとは思えないほどのクオリティーです。

(そのせいか、バグも非常に多いのですが)

バトルはSRPGよりですが、その難易度の高さも魅力でした。

ザコ敵の強さに悩んだピラミッドが懐かしいです。

少し重めのストーリーと、戦闘のバランスが絶妙で、

2が一番面白かったと声が多いが、このアークザラッドです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 アークザラッド2 /PS 【中古】afb
価格:498円(税込、送料別) (2017/9/20時点)

 

 

 

 

5)ヴァルキリープロファイル

 

最後に選んだのは、エニックスから発売されたこちらのゲーム。

天界の戦場に送る戦士を集めるため、地上の死んだ英雄たちを集めるは、

戦乙女ヴァルキリー。

キャラクターたちが死ぬ様を見届けてから、

仲間になるという衝撃的な内容のストーリーです。

エンディングに複数の分岐があり、

最高難易度のAエンディングにたどり着くためには、

天界(味方であり上司)の指示から背きつづけるという

セオリーを無視する必要がありました

そのため、攻略本なしではなかなか一般のプレイヤーは

最高のエンディングにたどり着くことが出来ません。

しかし、苦労の果てにようやくそこへたどり着いたとき、

プレイヤーは充足感に満たされること間違いないでしょう。

戦乙女として働き続けた主人公・レナスの運命の結末。

是非、プレイしてその目で確かめてください。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

最近、少しゲームネタに困っておられる方は、

ぜひ、参考にしていただけたらと思います!

 

 

ではまた!

ありがとうございました。