野菜スムージー

milivanily / Pixabay

こんにちわ!Naaki(なあき)です。

 

「野菜スムージー」

もし知らない人が聞いても、

「体に良いだろうなあ」て

思うドリンクですが、

スムースする野菜、果物によって、ある「危険」が潜んでいます。

そのある「危険」とは??

 

スポンサードリンク

 

そのある「危険」とは、

夏の天敵とも言える「日焼け」です。

太陽

GLady / Pixabay

近年、オゾン層の破壊により紫外線が強くなってきている中で

「紫外線対策」は特に女性のみなさんは特に注意されている事でしょう。

その中でも、健康、美容の為に、「野菜スムージ」を

飲んでらっしゃる方も多いかと思いますが、

冒頭で言いましたが、スムースする野菜または果物によっては、

「紫外線対策」に逆効果のなり、シミやソバカスの原因になる

可能性があります。

 

 

気になる「紫外線対策逆効果になる」野菜や果物は?

 

【野菜】

  • にんじん
  • きゅうり
  • しそ
  • バセリ
  • セロリ
  • 春菊
  • 野沢菜
  • みつば
  • パクチー
  • 大根の皮  など

【果物】

  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • ライム
  • キウイ
  • イチジク など

 

結構、スムースするものが多いですね。

ではなぜ、これらの野菜や果物が紫外線対策に逆効果なのか???

それは、ある物質を多く含むと考えられています。

 

そのある物質とは?

 

光毒性物質「ソラレン」

という物質です。

この「ソラレン」という物質は、紫外線などの光への感受性が高く、

摂取してから、1〜2時間程度で、体全体に効果をなします。

 

「じゃあ摂取しない方が良いの?」

 

そのな事はありません。

ソラレンは「皮膚t細胞リンパ腫」などの病に効果的ですし、

ソラレンを含む食べ物はソラレン以外にも貴重な栄養素も含まれています。

 

解決方法として摂取する時間が大切です。

夜

LalalaB / Pixabay

「野菜スムージー」などは朝に飲まれる方が多いと思いますが、

外出される前(日が出ている時間)に摂取すると、「危険」と言えますね。

ですから、夜や夕方、紫外線を避けられる時間に飲むと良いでしょう。

寝ている間や、夜の間にソラニンの効果は消えてしまいます。

 

「野菜スムージー」に関わらず、

摂取の仕方などで、実は「逆効果」や「危険」な事がたくさんあります。

今後とも、できる限りみなさんに情報を発信していくつもりですので、

よろしくお願いしますね。

 

ではまた!

ありがとうございました。