ErikaWittlieb / Pixabay

Naaki’s BOOTH へようこそ!!!!

「世界に負けない、日本の素晴らしい絶景を楽しめる場所」

をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

1.西芳寺(さいほうじ)京都府

あの超有名なスティーブ・ジョブズも訪れたことのあるお寺です。

世界的大企業であるアップルの創業者、スティーブ・ジョブズも生前家族ともに

お忍びで訪れていたという、京都府下京区にあるお寺、西芳寺。

この寺の最大の魅力は、境内にビッシリ敷きつめられた

約120種類以上の苔(コケ)のじゅうたんです。

日中は太陽の光が木々の葉を透かして射し込み、緑の濃淡を作り出します。

そして秋には、紅葉のあざやかな赤と、苔の緑のコントラストを楽しめます。

このお寺は、1300年前に聖徳太子の別荘として

行基菩薩(ぎょうき)が開山しました。

その後、時とともに荒れ果ててしまいましたが、

1339年に当時作庭の名人であった

夢窓疎石(むそうそせき)によって再興されます。

夢窓疎石が設計した境内には本堂、書院、茶室、庭園が置かれ、

その庭園は上下二段に分かれています。

上段は石組みが配置された枯山水式、下段は黄金池、別名、心字池とよばれ

『心』という字の草書体をかたどった池を中心に、

池泉回遊式庭園とういう配置で作られています。

これらはすべて苔に覆われており、外の世界からは隔離された、

禅寺ならではの空間を作り出し幻想的な世界を見ることができます。

このお寺への参拝の受付は、往復はがきのみとされており、

その参拝証を提示することで境内に入ることができます。

参拝では、庭園の鑑賞だけでなく、

写経や本堂での祈祷が経験でき心を落ち着かせることもできます。

禅に強い関心を寄せていたジョブズが

精神の平静を求めて訪れていたのもうなずけます。

あなたも日常生活からはなれ、

この静かな緑の空間にひととき身を置いてみてはいかがでしょうか?

きっと最高の気分転換になること間違いないでしょう。

 

 

 

2.波照間島(はてるまじま)沖縄県

日本で星空に一番近い島。

波照間島は、有人島のなかで日本最南端に位置し、

『星空に一番近い島』といわれています。

この島は、日本の本土からは見られない星座である

南十字星を観測できる島としても知られており、

天体観測のために訪れる方もおられます。

夜空の星々は突き抜けたように明るく、

落ちてきそうなほど身近に感じることができます。

昼間は、透明度が非常に高い海が一面に広がり、

水平線まで一望することができます。

この海の色の呼び名は、『ニシハマブルー』と呼ばれ

浅瀬は白い砂が透かされて水色に見え、水平線近くは群青色に見え、

雲の浮かぶ青空とのコントラストはとても美しいです。

島内での移動手段はレンタルした自転車やバイクです。

島内には、星空観測タワーや灯台、

日本最南端の駐在所や平和の碑があります。

この碑のそばには、47都道府県から集められた石が敷き詰められた

オブジェがあり、2匹の蛇が絡み合っている形になっています。

これには、戦争によって内地、

「つまり本土と引き裂かれてしまわないように」

との願いが込められています。

このように、満点の星空や、壮大な海の自然の美しさ、

そして戦争という歴史が共存しているのもひとつの魅力となっています。

 

 

 

3.神島(かみしま)三重県

By: yamakk

神の支配する島。

伊勢湾に浮かぶ離島、神島。

この島はその名前の通り、神が支配する島と信じられており、

昭和の文豪・三島由紀夫が書いた有名な小説『潮騒』の舞台ともなりました。

この島には約500人の島民がいますが、

その漁村は昔のおもかげを今も残しているため、民俗学の宝庫ともいわれています。

三島氏は神島について、

「目下、神島という一孤島に来ております。

…すべて『汚れた』ものは何もありません。

この僕まで浄化されて―。ここには本当の人間の生活がありそうです。」

と書いています。

島内には、珍しい動植物が生息し、

カルスト地形や八畳岩等の珍しい地形も見られるのも魅力の一つです。

また、海の神様を祀る八代神社、恋人の聖地としても知られる神島灯台、

戦時中の軍の建物で、

『潮騒』のクライマックスの舞台にもなった監的哨跡など、

島の各地に観光スポットが点在し、昔ながらの風景を残した漁村、

大自然の中をはしる遊歩道を歩きながら回ることができます。

異常なほどの美意識を持っていた三島由紀夫が絶賛した島、神島。

神島とはどのような場所なのか

みなさんも、神島の雄大さを五感で体感してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

4.大久野島(おおくのしま)広島県

By: merec0

700羽のうさぎが住む、かつて地図から消された島。

瀬戸内海に浮かぶ島、大久野島。

この周囲4.3kmの小さな島に、約700羽のうさぎが放し飼いにされています。

しかし、この島はかつて、ある理由で地図から消されていました。

その理由とは太平洋戦争下の毒ガス製造。

この島は戦時中、毒ガス製造の生産拠点として使われ、

その事実を機密にしておくため、地図上から消されたのです。

島内には、砲台跡や火薬庫跡などの太平洋戦争時代の建物が今も残っており、

毒ガスを製造していたという歴史を風化させないため、

毒ガス資料館も建てられています。

また、大久野島灯台や、島の真ん中に位置する展望台からは、

瀬戸内海に浮かぶ島々を見ることができます。

海水浴場もあり、そこにうさぎが現れることもあるそうです。

毒ガス製造と、ウサギの島。

みなさんもこの島にいって、歴史と、

かわいいうさぎたちに同時に触れてみてはいかがでしょうか?

By: merec0

By: merec0

By: merec0

 

 

 

5.青い池(あおいいけ)北海道

様々な“青”を見せる幻想的な池。

この青い池は、その顔を様々な青色に変化する池として知られています。

その色彩の変化はとても繊細で、春夏秋冬といった季節、

天候に左右され、色を変えます。

時にはコバルトブルー、時には白みがかった水色。

冬には、雪の白色と池の青色。

夏には、晴れた青空と池の青色の対照がとても美しいです。

この青い池は北海道上川郡の美瑛町という場所に位置しています。

この青い池、実は人が生んだ、偶然の産物なんです。

1988年12月に十勝岳が噴火し、

その堆積物によって火山泥流災害が引き起こされると予測されました。

これを防ぐために、美瑛川の本流にえん堤がいくつか建設され、

その一つに水がたまり、この池が生まれたのです。

そして、この池が青く見える理由は、この付近で湧く、

白色系の微粒子を含んだ水と、美瑛川の水が混ざり、

そこで生成された微粒子に太陽光が反射するからだそうです。

なんと、この青い池は、アップル社のMacの壁紙としても採用されています。

季節ごとの空や景色と、四季や天候によって様々に色を変える池が

共に作り出す神秘的な絶景をぜひ、実際の目で見に行きたいものですね。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

国内には、世界の絶景に負けない素晴らしい名所がまだまだ沢山あります。

是非、皆さんも日本の素晴らしい世界を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。