geralt / Pixabay

今晩は!!Naaki’sBOOTHへようこそ!!!!

今回は、、、この現代社会においてとても役立つ

「3つのテクニック」をご紹介します。

この方法はとても影響力が強い為、とり扱いには十分ご注意下さい

 

では、始めて行きたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

鍵はやはり「人」!!!

skeeze / Pixabay

現代では、毎日、毎日、【人】と出会います。

2016年、現在での世界の人口は約73億人。

日本の人口は約1億2700万人。

世界中で、1年に6千万人の方が亡くなり、

1億3千万人が産まれています。。。

このままいけば世界の人口は2020年には

「約80億人にもなる。」と言われています。

この数字でも分かるように、人が増え続けています。

私達のこれからの世界で重要になってくる事とは、

一体何なのでしょうか???

 

それは、人との繋がりです。

さらに言えば、会話、コミュニケーションです

 

何を人に伝えるのか?

そして…

どんな関係を築けるのかかが重要になって来ます。

そこで今日ご紹介するのは…

相手を同じ世界にさせる3つの洗脳テクニックです。

 

 

1つ目「ビジョンを見せる」

Skitterphoto / Pixabay

これはつまり、相手に未来を想像させる。ということです。

自分の未来像を相手と共有するようなイメージ。

 

例)。。。

「未来には、こんな素晴らしいことが待っている。」

「未来には、こんなことが出来るようになっている。」

「未来には、こんな理想が待っている。」 etc…

 

ここでポイントなのが、

相手に、憧れるような未来の姿を想像させることです。

そうすることによって…

 

「僕も、そうなりたい!」

「私も、行ってみたい!」

「出来るようになりたい!」etc…という感情が出て来ます。

 

そして重要なのはココ。

未来を想像させた後、現実に引き戻させること。です。

未来 → 現実 に戻す。

未来の姿を想像してみて、そうなる為には、今、どんな問題がありますか?

相手に問題を出す。正確には問題を出してあげる。

 

相手に、今この瞬間【 問題がある 】ということを認識させることが重要です。

 

すると…

相手は問題を解決する為、解決したいと思う為、話を聞くようになります。

どう引きつけるのか、どう相手の意識をこっちに向けさせるのか。

そこがポイントです。

 

 

2つ目「ミッション(課題)を与える。」

geralt / Pixabay

話は飛躍しますが、、、、

なぜ殺人者がいるのか?

なぜ人を殺してしまう人がいるのか?

善、悪で考えれば、殺人は当然【悪】ですよね。

ですが、その善、悪を超えてしまう感情があります。

それは…

 

使命です。

 

ここで簡単な質問をします。。。

もし、あなたが一人の人間を殺せば、世界が救われる状況だとしたら…

あなたは相手を殺しますか? それとも殺さないですか?

どちらを選択しますか?

 

この問いで、《殺す》を選択してしまう感情が、使命感という感情です。

「やらなければ!」という【思い】です。

この【思い】、つまり、使命感を作り出すには方法があります。

 

それは、相手に課題や役割を与える。ことです。

 

役割を与えることによって責任感が生まれます。

責任感を積み重ね、大きくなることによって、使命感に変化します。

まずは小さな役割、簡単なことから与える。

ここがポイントになります。

 

 

3つ目「パッション(情熱)を伝える。」

Peggy_Marco / Pixabay

これは、情熱的に聞こえる簡単な2つのテクニックがあるのでご紹介します。

 

1つ目は…【  断言言葉を使う 】

言い切りの言葉で話す、思うことを断言言葉で話すことです。

 

例)。。。

「◯◯です。」

「◯◯なんです。」

「◯◯します。」etc…

 

断言言葉や、言い切りの言葉は相手を安心させる効果があります。

つまり、話を聞く状態になる

思いを伝える環境が整ったようなイメージです。

 

2つ目は…【  同じ言葉を3回使う 】

一個一個の言葉であったり、一つ一つの話(物語)であったり、

同じことを3回話すこと。

 

例)。。。

「今は◯◯の時代です。◯◯の時代です◯◯の時代なんです!

 

重要な言葉は「何回も、何回も、何回も、」言うことです。

すると、聞こえ方、伝わり方が違って入って来ます。

 

有名な「スティーブ・ジョブス」の名言に、こうあります。

 

「人は1回言っても理解しない。3回言って理解する。」

 

100人いたとすれば…

1回言って理解する人が30%。

2回で60%

3回言って、やっと全員が理解するそうです。

 

基本的に人は、何回も言わないときちんと理解しません。

同じ言葉を何回も使う。何回も言う。何回も話す。

すると、理解も深まり、情熱的に伝えることが出来ます。

重要なのでもう一度言います。

何回も、何回も、何回も、言うこと。です。

 

 

まとめ

geralt / Pixabay

1・ビジョン見せる。 

2・ミッション与える。

3・パッションを伝える。

以上が、相手を意のままに操る3つの洗脳テクニックです。

洗脳と聞くと、悪いイメージが浮かんでしまうのも洗脳です。

この方法を使う上で、良いイメージ、明るいイメージを持つことが大切です。

言葉を上手に使い、良い関係、明るい関係を築いて行きましょう。

 

 

ではまた!

ありがとうございました。