cocoparisienne / Pixabay

こんにちは!Naaki(なあき)です。

今、超人気の「鼻ぺちゃ」ペット!

その中で、超厳選した鼻ぺちゃ動物をご紹介します!

 

スポンサードリンク

 

 

人気の鼻ぺちゃ動物を厳選

StockSnap / Pixabay

有名アーティストや芸能人が飼っていることでも

注目を集めている‘鼻ぺちゃ’動物達

野生にも沢山の可愛い鼻ぺちゃ動物たちが居ますが、

中でもペットとして人気のある鼻ぺちゃ達と、

飼う場合のポイントを紹介します。

 

 

フレンチブルドッグ

lightstargod / Pixabay

鼻ぺちゃ動物と聞いて、一番に思い浮かぶのは

フレンチブルドッグという方も多いのではないでしょうか?

CMなどにも多数出演しており、注目されています。

白と黒の‘パイド柄’は不動の人気。

他にもホワイト、クリーム、ブリンドルなど、様々なカラーが居ます。

中でもタイガーブリンドルと呼ばれるカラーは希少。

しっかりとした体つきと美しいカラーで、男性に人気となっています。

基本的に性格も人懐っこく、他の動物とも仲良くできるため、

多頭買いにも適している犬種なのです。

興奮しやすく、一度遊ぶスイッチが入ってしまうと、

フレンチブルドッグ自信では興奮を制御できなくなることもあります。

おもちゃなどを与えると、取り上げるまで噛み続ける場合も多いのです。

口の中が傷付いてしまう事もあるため、

飼い主さんのタイミングで取り上げるようにしましょう。

安全のためには、飼い主さんのしつけが最も重要となる犬種です。

Pexels / Pixabay

danielsfotowelt / Pixabay

 

 

 

 

パグ

skeeze / Pixabay

耳が垂れていてクリッとした瞳が印象的なパグも、

CMでお馴染みとなっています。

カラーはブラウンとブラック。

どの犬種にも共通して言えることなのですが、

ブラックは汚れが目立ちません。

しかし、目立たないが故に、

涙やけなどと言った病気のサインも見逃しがちになってしまいます。

薄いカラーの子達よりも、よく観察する事が大切です。

パグの体型はフレンチブルドッグよりも小さく、とても大人しい性格です。

猫など、他の種類の動物とも一緒に暮らすことが出来ます。

見知りもするため、飼い主さんの傍を離れないなどという

可愛い姿も見ることが出来るかも知れません。

また、ドッグランなどが近くにないという場合でも

毎日散歩に連れ出し、適度に運動をさせましょう。

散歩に行かなければ運動不足となり、肥満の原因となることは勿論、

室内に閉じ込められていることに大変なストレスを感じます。

天候や体調などにより、必ず毎日行くことは難しいかもしれません。

しかし、基本的には外に出してあげなければいけないという事

理解しておきましょう。

MishuHanda / Pixabay

MyFirstPUG / Pixabay

12019 / Pixabay

 

 

 

 

ブルドッグ

MK817 / Pixabay

犬種に詳しくない方には、

フレンチブルドッグと間違えられがちなブルドッグ

バッドイヤーと呼ばれる立った耳ではなく、

垂れた耳と大きな体、受け口が特徴です。

体力があり力も強いため、

散歩の際には引っ張られないように注意をしましょう。

見た目に反して甘えん坊な性格も魅力です。

毎日の散歩や、飼い主さんと沢山コミュニケーションを取れる環境が

理想でしょう。

また、他の鼻ぺちゃ動物と比較しても顔のシワが多いため、

汚れが溜まり細菌が繁殖しやすくなります。

ペット専用のウェットティッシュで毎日ケアをすることが必要となります。

鼻ぺちゃで受け口という骨の作りから、息をすることが苦手な犬種です。

特に夏場は、室温が上がらないように細心の注意が必要です。

息による体温調整が苦手でもあり、

すぐに熱中症になってしまい命にかかわる場合も多いのです。

他の鼻ぺちゃ犬種も、室温・湿度の管理が必要で、

5月~9月の間は冷房を切ることは出来ないと考えておきましょう。

Pitsch / Pixabay

MK817 / Pixabay

 

 

 

 

ペキニーズ

フレンチブルドッグ・パグ・ブルドッグとは異なり、

長毛種に属する犬種です。

子犬の頃は被毛が短いのですが、成犬になると綺麗になびく被毛が魅力です。

しかし、飼い主さんの目視では綺麗な毛並みに見えていても、

毎日のブラッシングは大切なケアとなります。

家の中のハウスダストや、散歩に出かけると虫がついてしまうなど、

取り除かなければならない汚れが付いている場合が多いのです。

ブラッシングを行い、清潔さと健康を保ちましょう。

色はホワイトとブラックが一般的。

比較的ペットショップなどで多く扱われているのはホワイトです。

垂れ目で幼い顔つきにも見えるペキニーズは、

体も小さく飼いやすい犬種です。

 

 

 

 

エキゾチックショートヘアー

猫種の中で唯一‘鼻ぺちゃ’として認知されているのは

エキゾチックショートヘアーではないでしょうか。

CMにも出演しています。

目や体のカラーは単色ではなく、一般的に様々なカラーが混ざっています。

猫の特徴である猫目ではなく、三日月型にも見える目は特徴的です。

性格は猫種の中でも一番と言えるほど人懐っこく、

小さな子供やお年寄りが居る家庭でも飼いやすい猫種です。

短毛種であるため、日々のケアも手がかかりません。

しかし、出産が難しく、ペットショップでの扱いはほとんど見られません。

可愛く健康なエキゾチックショートヘアーを飼うためには、

優良ブリーダーに出会うことがポイントになるかも知れません。

RobynRandell / Pixabay

 

 

 

 

まとめ

justpom / Pixabay

鼻ぺちゃ動物たちは、愛嬌もあり、とても魅力的で人気となっています。

しかし、骨の形が特徴的であるため、

病気を引き起こしやすいという特徴もあります。

飼い主さんがしっかりとケアや病気予防を行える環境を整えることが大切です。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!