こんにちは!Naaki(なあき)です。

 

夏を越えると、「食欲の秋」ですね。

秋には美味しい味覚がたくさんありますが、

その中でも、秋の代表と言っても過言ではないのが、

「サンマ」ですよね。

今回は、秋の味覚「サンマ」の失敗しない選び方、

厳選した3つをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

★「サンマ」の選び方

 

 

・腹の部分が硬い弾力のあるサンマを選ぼう。

魚は内臓から痛んできますので、腹の柔らかい魚は古い証拠。

内臓部分が硬い弾力のある魚を選びましょう。

・目(白目部分)が赤く、濁っていないサンマを選ぼう。

すべての事に言える事ですが、目が澄んでいる方が良いです。

・背の部分が盛り上がり、肥えているサンマを選ぼう。

海面近くに発生するプランクトンは、かなり良質です。

それを主食にしているサンマは肥えていれば、

肥えている程、栄養価が高いと言えるでしょう。

以上の3つが厳選した選び方です。

 

最近まで、

「口周りが黄色くなっているサンマが良い。」

とも言われていましたが、

そうではないという説も。。。

 

 

 

★「サンマ」の美味しい食べ方

 

せっかくなんで「サンマ」を美味しく食べる、

ちょっとした裏技を紹介します。

 

サンマと言ったら「塩焼き」ですよね。

「ただ焼いたら良いだけだ。」と思われる方も多いかも

しれませんが、

2つ程、手間をかける事で、美味しく焼きあがります!

 

★1つ目

・網はしっかり空焼きして油を塗ろう!

しっかり網は空焼きし温めておいてから油を塗り焼いていきましょう。

当たり前ちゃあ当たり前ですが、

これをしっかりしないと、表面がボロボロになります。。。

★2つ目

・焼く前の「サンマ」の表面に少量の酢とみりんを塗ろう!

こうする事で、たんぱく質がかたまりサンマの旨味を逃さず、

美味しく頂けます。焼きあがりの表面も光沢が出て、とても

美しく仕上がります。

 

 

同じサンマを食べるとしたら、少しでも新鮮、美味しく

頂きたいものですよね。

これを役に立てて頂ければ幸いです。

 

 

 

ではまた!

ありがとうございました!