qimono / Pixabay

Naaki’s BOOTHへようこそ!!!!

「教育」の中には、「食育」といったものがあります。

一体「食育」とは?

 

 

スポンサードリンク

 

まず始めは「食育」を知ろう!

Daria-Yakovleva / Pixabay

 

まず初めに、「食育」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?

 

食べ物を通じ、

健康で長生きできるよう体を育んでいこう!

そんな食生活をしよう!」

 

というのがこの言葉の意味です。

ですが、この言葉にはもっと深い、意味があります。

 

 

「食育」という言葉

 

この言葉が始めて登場したのは、明治時代のこと。

医者であり薬剤師でもあった

石塚左玄(いしづか さげん)が、

「体育智育才育は即ち食育なり」

「食は本なり、体は末なり、心はまたその末なり」

 

と、心身の病気の原因は食にあると提唱し、現代まで伝われて来ました。

 

 

「食育基本法」が誕生した背景

msqrd2 / Pixabay

2005年6月10日には、食育基本法が成立。

この、食育基本法が制定されたのには

ファストフード、ジャンクフード、

外食産業から現代食生活に警告するためです。

外国から輸入食品がどんどん流入し、

日本の食品自給率は40%くらいになりました。

働くお母さんが多くなっていることもあり、

加工食品、冷凍食品が多く利用されています。

いわゆる「おふくろの味」というものを持たない家庭が

増えているのではないでしょうか。。。?

 

また、2016年の日本人の死亡原因

第1位 悪性新生物(がん)

第2位 心疾患

つまり生活習慣病です。

 

日本人食生活が豊かになったのは素晴らしいことなのですが、その中身といえば

  • 食材の種類が少ない。
  • あまり噛まなくていい簡単な食事。
  • ストレス社会から体を癒してくれる甘いもの。
  • 食品添加物が含まれた加工品。
  • 遠くから運ばれてきた食材。

といった物が絡んだ食品ばかりです。

ここからは、少し世界へ目を向けてみましょう。

 

 

世界での食育への取り組み

「ファストフード(fast food)」という言葉の

反対語として生まれた言葉がコチラ。

 

スローフード(slow food)

 

この言葉が生まれたのは

1986年、北イタリアのピエモンテ州の田舎町です。

食文化雑誌の編集長をされていた方が

「美食の会」というのを作ったのが、始まりでした。

現在では、世界135カ国が「3つの使命」を共有し、活動を行っています。

 

スローフード法則(1996年)

  1. 守る・・・消え行く恐れのある伝統的な食材や料理、質のよい食品、ワイン(酒)を守る。
  2. 教える・・・子供たちを含め、消費者に味の教育を進める。
  3. 支える・・・質のよい素材を提供する生産者を守る。

 

つまり、今食べている味は、今まで守り続けられて来た味になります。

 

 

世界の「食育」

WerbeFabrik / Pixabay

 

それでは、世界各地の「食育」を少し見ていきましょう!

 

 

★「アメリカでの食育」

フードチョイス(food choice)という言葉があります。

「食べ物を上手に選んで調理する能力を身につける」

という意味になります。

アメリカでは、1980年代、肥満が社会問題になってきた頃に、

この「フードチョイス」が導入されました。

現在の活動では

★「Kids in the kitchen(キッズ イン ザ キッチン)」

子供と一緒に料理を楽しもうといったスローガンもあり

1990年頃からは

★「Five a day(ファイブア デイ)」

1日に5から9の野菜や果物を取ろう、といった食育活動が行われています。

 

これらの活動のおかげでしょうか。

アメリカ人の野菜摂取量は増加し、生活習慣病の数は減少しています。

 

 

★ドイツでの食育

連邦政府の支援により、学校、幼稚園、家庭を対象にした

プロジェクトが実行されています。

例えば、幼稚園に通う子供や保護者、

そこで働く職員を対象にしてセミナーや研修を行ったり、

学校給食で、健康な食事提供するプロジェクトが実施されています。

 

 

★フランスの食育

フランスには味覚研究所という機関があり、

「味覚の授業」を小学生を中心に展開されています。

授業は全12回で、その内容は以下のとおりです。

 

〜6回まで〜
五感(視覚、味覚、臭覚、触覚、聴覚)を使って感じることを覚え、自分自身を知ることを教えます。感じ取ったことを言葉で表現できるようになると、食に対する発見が楽しくなるという見解からです。

〜後半の7回目から〜
好みが人によって違うこと、地方や文化によって、特産物や料理が違うことを学びます。

〜最終回〜
一緒に作り味わいながら、一緒に食べることの喜びを感じ、テーブルの飾り付けや、座席の位置への配慮、マナーを身につけます。

 

このプログラムの狙いは、国民の健康状態の改善、具体的には肥満改善として、子供の肥満の早期発見です。

 

 

★イタリアの食育

スローフードを初めて提唱した国であるイタリアでは、

学校菜園プロジェクトが進められ、

子供たちが直接農作業にかかわり理解を深める政策があります。

 

 

★イギリスの食育

イギリスでは、4歳から18歳の青少年を対象にした

国民栄養調査というものがあります。

これは、肥満化傾向と野菜摂取不足を知るために、

2001年学校の食育を見直す

「フード イン スクール(Food in school)」

という計画です。

1日に5種類以上、一定以上の野菜、果物を摂取しようというものです。

また、国民的にガーデニングが好きなこともあり、

学校での花壇、農園作り、家畜飼料の教育を通じて、

生徒の食育への理解を深めようとしています。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

世界各国の食に対するとりくみをご紹介させて頂きました。

今食べている食べ物や味は、こうした政策、とりくみ、

努力や思いによって受け継がれて来たものだと思うと、

また違った視点で食を楽しめるのではないでしょうか。

 

 

 

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。