Naaki’s BOOTHへようこそ!!!!

最近、テレビや雑誌で、すごく話題になっている驚くような

「絶景スポット」をお伝えします!

 

スポンサードリンク

 

 

一生の思い出となる聖域

TwitterやInstagramなどのSNSでも、数多くの美しい写真が投稿されています。

有名な場所では、ウユニ塩湖サグラダ・ファミリアなど、

一度は聞いたことのあるスポットもあるのではないでしょうか?

今回は、その中でも特にスゴイ絶景スポットを5選ご紹介します。

 

 

1)THE WAVE(ザ・ウェーヴ)

アメリカ合衆国アリゾナ州とユタ州の境にあり、

1日20人しか入れないという近年発見された秘境です。

砂が層になった赤い岩で連なり、

自然がつくりだした波のような模様がとにかく芸術的な絶景スポットです。

地上にありながら何故この名前がついたのか、納得の場所です。

色味の違う赤い砂が何層にも重なり滑らかな曲線美に、

言葉を失ってしまうこと間違いないでしょう。

また、地質の問題から、1日20人までという入場規制があり、

その入場権を手にする方法は抽選となっています。

運よく抽選に当たった人だけが入れるという特別な場所でもあり、

その希少さが、より多くの人を惹きつける由縁でもあります。

実際に何度も抽選をチャレンジをし、

やっと絶景を見ることができた人もいます。

抽選に当たると許可証をもらい、

さらにザ・ウェーヴへの場所が描かれた地図をもらいます。

その後は自力で目的地に向かい、宝の地図と共に絶景を目指します。

運のよさと、地図を頼りに歩いていく体力や考える力が必要ですが、

簡単には行けないからこそ、一度は行ってみたいと思う場所です。

 

 

 

2)ウユニ塩湖

冒頭にものべましたが、とても有名なウユニ塩湖をご紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、

雨が降ると水たまりが巨大な鏡のように空を反射し、

地平線まで輝く景色をみせてくれ本当に美しい場所です。

眼下に広がる青い空と、鏡張りの景色は、

一生の記憶に残ること間違いありません。

時期や気象条件に左右されやすく、鏡張りがみれる機会は少ないので、

計画的に行く必要があります。

そんな日本の裏側ともいえるような遠い国、

ボリビアにあり、飛行機でも何十時間も要し、

やっと辿り着ける位置にありながら、

日本人の心を離さないウユニ塩湖は、

これから先も人気が衰えることはないでしょう。

最近では観光客が増えたため、環境が悪くなりつつあると言われています。

持ち込んだものは、ゴミもすべて持ち帰り、

これから先訪れる方々にも絶景を伝えられるようにしたいですね。

Yolanda / Pixabay

 

 

 

3)京都

jamie_nakamura / Pixabay

  • 「修学旅行のときだけ行ったことがある。」
  • 「いつでも行けると思って一度も訪れたことがない。」

なんていう方がいませんか?

それはもったいないです!

日本人としても、歴史を学ぶ街としても、ぜひ訪れてほしいスポットです。

四季折々に合わせ、

「春の桜、色鮮やかな夏の自然、秋の紅葉、冬の雪景色」

と、いつ訪れても趣きある京都は、絶景の宝庫と言っても過言ではありません。

外国人観光客に人気の千本鳥居は、日本にしかない景観ですし、

インスタ映えがするため、写真を見た世界中の人の印象に残ることでしょう。

そのほかにも見所がたくさんあるため、多数の場所を観光する際には、

長めに滞在し、絶景をみるのなら時間帯や季節を選んで、

ゆっくりと過ごしたいですね。

また、

地元の情報誌を購入したり、商店街の方におすすめスポットを聞くと、

京都、その町の人しか知らないような情報を手に入れることができます。

観光客が少なく、じっくり堪能できる場所や、

思いがけず出会う景色に感動することがあります。

京都の優美な街並みを堪能しつつ食べる和菓子、

素晴らしい時間になること間違ないでしょう。

Kanenori / Pixabay

Pexels / Pixabay

Mariamichelle / Pixabay

 

 

 

4)ヴェルサイユ宮殿

guygiasson / Pixabay

フランスのヴェルサイユ宮殿といえば、

贅の限りを尽くしたゴージャスな宮殿として知られていますよね。

  • 一生に一度は絶対見たい!
  • ヴェルサイユ宮殿を目的にフランスに行きたい!
  • というよりは、観光の1つとして訪れようかな。

という方が多いと思います。

しかし…

ルーヴル美術館や、凱旋門、エッフェル塔など、

多くの芸術的な建造物、美術品があるなかで、

ヴェルサイユ宮殿を選んだのには理由があります。

なぜかというと

1682年にルイ14世が建てたとされていますが、

その当時の技巧やセンスを目の当たりにできるとともに、

細部まで輝く世にも美しい世界を体験することができるからです。

実際に人が住んでいたとは思えないような、

豪華絢爛な宮殿の中に入り込むことができ、歴史や文化を感じ、

その当時に思いを馳せることができます。

可憐かつ、見た人を魅了して一生忘れることができない場所として

ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

また、宮殿や庭園への入場料が無料になる日がありますので、

気になる方は公式サイトをご確認ください。

→ http://jp.france.fr/ja/discover/34994

charlemagne / Pixabay

ahundt / Pixabay

Turenza / Pixabay

 

 

 

5)マチュピチュ

こちらも知らない人はいないぐらい、有名なスポットです。

世界遺産のなかでも大変人気があり、世界中から多くの観光客が訪れます。

マチュピチュの写真や映像を、一度は見たことがあるかと思いますが、

山が連なる中に、自然と調和しながらも大都市として存在感を示すあの風景は、

写真や映像より遥かに超える、インパクトと感動をもたらせてくれるでしょう。

また、インカの人々が造ったとされる空中都市マチュピチュは、

未だに謎が多く、ロマンを駆りたてられることも魅力の一つといえます。

そんな不思議な魅力につつまれたマチュピチュに行くのなら、

ガイドを頼むことをおすすめします。

遺跡の構造や当時の文明について詳しく聞くことで、

驚かされるような発見があり、より深く理解し楽しむことができるでしょう。

訪れる際には一つ気をつけてほしいことがあります。

それは高山病です。

念願叶って辿りついたのに、高山病のせいで楽しめなかったら、

つらいですよね。

マチュピチュに向かうにはクスコ場所から出発することが多いです。

クスコは標高が高く、標高の低いところから急に移動すると、

高山病になりやすく、体調不良を引き起こします。

体に負担をかけないようにする、水分をよく補給するなど対策はありますので、

万全の準備をして、思いっきりマュピチュを堪能しましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか??

世界には本当に美しく、一度は見てみたい、行きたい場所がたくさんあります。

実際に体感して、最高の思い出コレクションを増やしていきましょう!

 

最後までご覧頂きありがとうございます。